検査項目解説 掲載内容は、2022 年 5 月 1 日時点の情報です。

50音検索 > は

項目コード 検査項目 分類 実施料
判断科区分
所要日数

04014
3K025

馬尿酸 (HA)

厚生労働省「有機溶剤中毒予防規則」で指定された、トルエン(馬尿酸)またはキシレン(メチル馬尿酸)作業従事者の検査。

生化学検査
産業衛生関連検査

4~5日

01588
3L195

バルプロ酸

最もよく用いられる抗てんかん剤の一つ。他の薬剤との併用に注意が必要。

薬毒物検査
抗てんかん剤

管理料[470]

2~3日

26781
3L487

トリアゾラム

薬毒物検査
催眠剤・抗不安剤

4~6日

26807
3L466

バルビツール酸スクリーニング 〈血清〉

抗てんかん剤や麻酔剤として用いられている。本検査はバルビタール酸系薬物を誘導体別に測定する。

薬毒物検査
催眠剤・抗不安剤

6~11日

01603
3L300

ハロペリドール

統合失調症、双極性障害の治療に用いられるブチロフェノン系向精神薬の血中濃度測定。

薬毒物検査
精神神経用剤

管理料[470]

2~3日

06523
3M613

アルベカシン

メチシリン・セフェム耐性の黄色ブドウ球菌に有効なアミノグルコシド系抗生物質。腎機能低下者での副作用発現に注意。

薬毒物検査
抗生剤・抗ウイルス剤

管理料[470]

2~3日

04161
3M530

バンコマイシン

MRSAに有効なグリコペプチド系抗生物質。腎機能障害患者で排泄率が低下するため血中濃度測定が有用。

薬毒物検査
抗生剤・抗ウイルス剤

管理料[470]

2~3日

26783
3L700

モルヒネ

医療用オピオイド。

薬毒物検査
鎮痛剤

5~11日

02942
3M205

サリチル酸 (アスピリン)

代表的な解熱・鎮痛剤の血中濃度測定。

薬毒物検査
抗炎症・抗リウマチ剤

管理料[470]

2~3日

01328
3K190

パラコート

薬毒物検査
規制薬・農薬

4~10日

26650
4A070

バゾプレシン (AVP) (ADH)(抗利尿ホルモン)

視床下部で合成され下垂体後葉に蓄えられるホルモン。腎尿細管で水の再吸収を促進し、欠乏すると下垂体性尿崩症となる。

内分泌学検査
下垂体

包括230

生Ⅱ

5~7日

26973
4E060

バニリルマンデル酸 (VMA) 〈尿〉

カテコールアミンの最終代謝産物。カテコールアミン産生腫瘍(褐色細胞腫、神経芽細胞腫)の診断と経過観察に用いられる。

内分泌学検査
副腎髄質・交感神経・中枢神経

90

生Ⅱ

3~4日

02401
5F011

パルボウイルスB19 IgG《EIA》

伝染性紅斑(リンゴ病)の原因ウイルス。春に流行し妊婦では流産や胎児水腫の原因になる。

ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出

3~9日

02404
5F011

パルボウイルスB19 IgM《EIA》

伝染性紅斑(リンゴ病)の原因ウイルス。春に流行し妊婦では流産や胎児水腫の原因になる。

ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出

206

免疫

3~9日

02797
5F332

エコー 22型※《NT》

エンテロウイルスに属するウイルス。28の血清型が知られており、主に神経系の疾患を引き起こす。

ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出

79

免疫

11~16日

00288
5F421

パラインフルエンザ 1型(HA-2)《HI》

4つの型のうち、1~3型に病原性があり、主に呼吸器疾患を引き起こすウイルス。

ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出

各79

免疫

3~5日

00289
5F422

パラインフルエンザ 2型(CA)《HI》

4つの型のうち、1~3型に病原性があり、主に呼吸器疾患を引き起こすウイルス。

ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出

各79

免疫

3~5日

00290
5F423

パラインフルエンザ 3型(HA-1)《HI》

4つの型のうち、1~3型に病原性があり、主に呼吸器疾患を引き起こすウイルス。

ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出

各79

免疫

3~5日

00879
5F011

パルボウイルスB19-DNA同定

伝染性紅斑(リンゴ病)の原因ウイルス。春に流行し妊婦では流産や胎児水腫の原因になる。

ウイルス学検査
ウイルス核酸の検出

5~7日

25483
5F100

HPV型別

尖圭コンジローマ、子宮頸部癌と関連深いパピローマ・ウイルスのDNA診断。ウイルス型により低リスク型群と中・高リスク型群に分けて有無が判別される。

ウイルス学検査
ウイルス核酸の検出

5~10日

08129
5F101

HPV-DNA同定 [中~高リスク型]《ハイブリッドキャプチャー法》

尖圭コンジローマ、子宮頸部癌と関連深いパピローマ・ウイルスのDNA診断。ウイルス型により低リスク型群と中・高リスク型群に分けて有無が判別される。

ウイルス学検査
ウイルス核酸の検出

350

微生

2~3日

25840
5F101

HPV-DNA簡易ジェノタイプ判定 《TaqManPCR法》

尖圭コンジローマ、子宮頸部癌と関連深いパピローマ・ウイルスのDNA診断。ウイルス型により低リスク型群と中・高リスク型群に分けて有無が判別される。

ウイルス学検査
ウイルス核酸の検出

352

微生

3~4日

25527
5F101

HPVジェノタイプ判定

尖圭コンジローマ、子宮頸部癌と関連深いパピローマ・ウイルスのDNA診断。ウイルス型により低リスク型群と中・高リスク型群に分けて有無が判別される。

ウイルス学検査
ウイルス核酸の検出

2000

微生

3~6日

09570
5E074

梅毒定性 《RPR法》

性行為感染症(STD)として広く知られる梅毒の検査。生物学的偽陽性や治癒後の陽性持続が存在する。

免疫血清学検査
感染症血清反応

15

免疫

2~3日

09571
5E075

梅毒定性 《TP抗体法》

性行為感染症(STD)として広く知られる梅毒の検査。生物学的偽陽性や治癒後の陽性持続が存在する。

免疫血清学検査
感染症血清反応

32

免疫

2~3日

00455
5E079

梅毒定性 《FTA-ABS》

性行為感染症(STD)として広く知られる梅毒の検査。生物学的偽陽性や治癒後の陽性持続が存在する。

免疫血清学検査
感染症血清反応

134

免疫

2~3日

09572
5E074

梅毒定量 《RPR法》

性行為感染症(STD)として広く知られる梅毒の検査。生物学的偽陽性や治癒後の陽性持続が存在する。

免疫血清学検査
感染症血清反応

34

免疫

2~3日

09573
5E075

梅毒定量 《TP抗体法》

性行為感染症(STD)として広く知られる梅毒の検査。生物学的偽陽性や治癒後の陽性持続が存在する。

免疫血清学検査
感染症血清反応

53

免疫

2~3日

00243
5C041

ハプトグロビン (Hp) (型判定)

ヘモグロビンと特異的に結合する糖蛋白質。溶血で減少し、炎症性疾患で血中に増加。

免疫血清学検査
蛋白

132

免疫

4~5日

26126
3F250

肺サーファクタントプロテインA (SP-A)

肺胞のⅡ型上皮細胞で産生されるサーファクタント蛋白。間質性肺炎や肺線維症で血中濃度が上昇。

免疫血清学検査
蛋白

130

生Ⅰ

2~4日

12445
3F253

肺サーファクタントプロテインD (SP-D)

肺胞サーファクタントに含まれるアポ蛋白。間質性肺炎や肺胞蛋白症で血中濃度が上昇。

免疫血清学検査
蛋白

136

生Ⅰ

2~3日

01834
5G185

抗胃壁細胞抗体 (抗パリエタル細胞抗体)

胃壁細胞の原形質に対する自己抗体。悪性貧血患者の血中に高率で出現する。

免疫血清学検査
自己免疫関連

4~6日

07299

白血病・リンパ腫解析 (LLA)《FSC-SSC法》

細胞性免疫検査
細胞形態検査

1940

血液

2~3日

45612

白血病キメラ遺伝子スクリーニング

造血器腫瘍の病型診断や治療方針の決定、予後予測の有力な指標となる。

遺伝子関連検査
白血病関連遺伝子

3~5日

45826

白血病キメラ遺伝子スクリーニング/定量解析

各種造血器腫瘍において出現頻度の高い28種のキメラ遺伝子の有無を一括判定する検査

遺伝子関連検査
白血病関連遺伝子

3~5日

45750
8C051

肺癌EGFR遺伝子変異解析Clamp

抗癌剤ゲフィチニブの効果を予測する検査。変異があると効く可能性が高まる。

遺伝子関連検査
癌関連遺伝子

包括0

遺染

4~8日

12670
8D100

肺癌マルチ遺伝子PCRパネル

分子標的薬の非小細胞肺癌患者への適応を判定するための補助検査

遺伝子関連検査
癌関連遺伝子

10000

遺染

4~5日

12560
8D002

肺癌マルチCDx遺伝子解析

肺癌BRAF V600E変異解析に加え、EGFRエクソン19欠失変異およびエクソン21L858R変異、ALK融合遺伝子、ROS1融合遺伝子の検出が可能となった。

遺伝子関連検査
癌関連遺伝子

包括6000+8000

遺染

10~14日

45089
8B323

肺がんALK 《FISH法》[血液疾患染色体検査・その他]

染色体検査
血液疾患染色体検査・その他

6520

病理

5~12日

00501
2A010

白血球数 (WBC)

白血病などの血液疾患や炎症性疾患の診断・経過観察に用いられるスクリーニング検査。

血液学検査
血球計数

21

血液

1~2日

00508
2A160

白血球像

白血球の形態と分画から、感染症や血液系悪性腫瘍の鑑別診断を行う基本的な検査。

血液学検査
形態学的検査

15

血液

1~2日

04466
6B010

培養・同定 口腔・気道・呼吸器

検体に最適な培地を選び、選択的に培養することで細菌を同定する、最も基本的な細菌学的検査。

微生物学検査
一般細菌・真菌検査

170

微生

3~5日

04466
6B010

培養・同定 消化器

微生物学検査
一般細菌・真菌検査

190

微生

4~6日

04466
6B010

培養・同定 泌尿器・生殖器

検体に最適な培地を選び、選択的に培養することで細菌を同定する、最も基本的な細菌学的検査。

微生物学検査
一般細菌・真菌検査

180

微生

3~5日

04466
6B010

培養・同定 血液・穿刺液

検体に最適な培地を選び、選択的に培養することで細菌を同定する、最も基本的な細菌学的検査。

微生物学検査
一般細菌・真菌検査

220

微生

04466
6B010

培養・同定 その他の部位

検体に最適な培地を選び、選択的に培養することで細菌を同定する、最も基本的な細菌学的検査。

微生物学検査
一般細菌・真菌検査

170

微生

3~5日

04942
6B305

培養 《小川培地》

微生物学検査
抗酸菌検査

209

微生

4~8週

04996
6B305

培養 《MGIT培地》

微生物学検査
抗酸菌検査

300

微生

3~43日

05966

パルスフィールドゲル電気泳動

微生物学検査
その他

2~3週

50085
5D594

ALK融合タンパク 《高感度IHC法》

病理学検査
病理組織検査

2700

病理

5~8日

フリーワード検索

検索したい言葉を入れてください。(複数入力の場合は半角スペースで区切ってください)

複数入力の場合の絞り込み:
ページトップへ