検査項目解説 掲載内容は、2022 年 5 月 1 日時点の情報です。

アルファベット検索 > A

項目コード 検査項目 分類 実施料
判断科区分
所要日数

00115
3A015

アルブミン (Alb)<改良BCP法>

肝臓で合成される血中の主たる輸送体蛋白。栄養状態の悪化や肝障害の程度を反映して低下する。

生化学検査
蛋白

包括11

生Ⅰ

1~2日

00022
3A016

A/G

血中のアルブミン(A)とグロブリン総量(G)の比を算出したもの。重症肝疾患やM蛋白血症で低下、無γ-マグロブリン血症で上昇。

生化学検査
蛋白

1~2日

00009
3B035

AST (GOT)

代表的な肝機能の指標。肝細胞障害で血中に逸脱するが、骨格筋、心筋、赤血球などの破壊でも上昇をみる。

生化学検査
酵素

包括17

生Ⅰ

1~2日

00010
3B045

ALT (GPT)

肝細胞の破壊に伴い血中に逸脱する酵素。AST(GOT)よりも肝に特異性が高く、肝炎の病勢指標に用いられる。

生化学検査
酵素

包括17

生Ⅰ

1~2日

20135
3B070

ALP (アルカリフォスファターゼ)

肝障害、胆汁うっ滞や骨疾患、妊娠等で上昇を示す酵素。血液型がB型、O型の人はやや高め。

生化学検査
酵素

包括11

生Ⅰ

1~2日

00019
3B100

アルドラーゼ (ALD)

細胞の破壊や壊死、代謝障害で高値となる解糖系酵素。組織崩壊をリアルタイムで反映する一方、臓器特異性が低いため補助診断に用いられる。

生化学検査
酵素

包括11

生Ⅰ

1~2日

00184
3B130

アデノシンデアミナーゼ (ADA) 〈血清〉

核酸の代謝酵素。血中濃度は免疫不全症で低値、血液系悪性腫瘍や肝炎で高値。胸水では癌性胸膜炎や心不全と比べ結核性胸膜炎でより高値に。

生化学検査
酵素

32

生Ⅰ

2~3日

3B347

胃がんリスク層別化検査(ABC分類)

ペプシノゲンと抗ヘリコバクター・ピロリIgG抗体の血中濃度を同時に測定することで、萎縮性胃炎と胃癌のリスクを推定する検査。

生化学検査
酵素

1~2日

06945
3B080

ALPアイソザイム

ALP総活性が異常高値の場合、由来臓器の推定に用いられる検査。健常成人では2型、小児は3型が主体。

生化学検査
アイソザイム

48

生Ⅰ

2~3日

03000
3D046

HbA1c(NGSP)<酵素法>

糖が非酵素的に結合したヘモグロビン。糖尿病患者における過去1~3カ月の長期血糖コントロールの指標。

生化学検査
糖・有機酸

49

血液

1~3日

01638
3K105

アルミニウム (Al)

人工透析患者の透析環境管理や、アルミニウム脳症の予防に実施される検査。

生化学検査
電解質・微量金属

112

生Ⅰ

4~5日

25972
3K135

ヒ素 (As) 〈尿〉

生化学検査
電解質・微量金属

20~29日

02997
4A025

副腎皮質刺激ホルモン (ACTH)

視床下部の刺激で分泌され、副腎皮質のステロイド合成を促す下垂体前葉ホルモン。朝高く、夜低いという明瞭な日内変動がみられる。

内分泌学検査
下垂体

包括189

生Ⅱ

2~3日

26650
4A070

バゾプレシン (AVP) (ADH)(抗利尿ホルモン)

視床下部で合成され下垂体後葉に蓄えられるホルモン。腎尿細管で水の再吸収を促進し、欠乏すると下垂体性尿崩症となる。

内分泌学検査
下垂体

包括230

生Ⅱ

5~7日

12631
4Z020

レニン濃度 (ARC)

内分泌学検査
腎・副腎皮質

105

生Ⅱ

2~3日

01006
3B325

アンジオテンシンⅠ転換酵素 (ACE)

アンジオテンシンⅠをⅡに変換する酵素。サルコイドーシスで高値になる。

内分泌学検査
腎・副腎皮質

140

生Ⅰ

1~2日

26579
4F100

抗ミュラー管ホルモン (AMH)

発育途上の卵胞から分泌されるホルモン。性周期に影響されず、卵巣の予備能や妊孕性の評価に用いられる。

内分泌学検査
性腺

600

生Ⅱ

3~6日

03922
4Z270

ヒト心房性Na利尿ペプチド (hANP)

主として心房で合成・貯蔵され血中に分泌されるホルモン。各種心疾患および腎疾患で重症度に並行して高値となる。

内分泌学検査
その他

包括221

生Ⅱ

2~3日

01840
5D015

αフェトプロテイン (AFP)

肝細胞癌で上昇する、本来は胎児肝細胞由来の血清腫瘍マーカー。肝炎や肝硬変でも軽度~中等度に上昇をみる。

腫瘍関連検査
腫瘍関連検査

包括101

生Ⅱ

2~3日

27710
5D018

AFPレクチン分画

肝細胞癌由来AFPを分別測定することで、肝細胞癌と肝硬変等とを鑑別する検査。肝細胞癌の早期診断と予後管理に有用。

腫瘍関連検査
腫瘍関連検査

包括190

生Ⅱ

3~4日

09782
5F350

IgG-HA抗体

A型肝炎ウイルス感染の既往と病態把握のための検査。初感染の診断には IgM-HA抗体。

ウイルス学検査
肝炎ウイルス関連検査

包括146

免疫

2~3日

30318
5F450

HTLV-Ⅰ抗体 (ATLA抗体)《スクリーニング》

妊婦健康診査におけるウエスタンブロット法での「判定保留」例におけるHTLV-1感染の確定診断に有用。

ウイルス学検査
レトロウイルス

163

免疫

2~3日

25920
5F450

HTLV-Ⅰ抗体 (ATLA抗体)《スクリーニング》

妊婦健康診査におけるウエスタンブロット法での「判定保留」例におけるHTLV-1感染の確定診断に有用。

ウイルス学検査
レトロウイルス

85

免疫

2~4日

27528
5F460

HTLV-Ⅰ抗体 (ATLA抗体)《確認試験》

妊婦健康診査におけるウエスタンブロット法での「判定保留」例におけるHTLV-1感染の確定診断に有用。

ウイルス学検査
レトロウイルス

425

免疫

3~9日

00322
5E035

ASO定量

溶連菌(A群β型溶血性連鎖球菌)毒素の中和抗体。溶連菌感染の診断に用いられる。

免疫血清学検査
感染症血清反応

15

免疫

1~2日

00205
5E036

抗ストレプトキナーゼ (ASK)

溶連菌A、C群が産生する蛋白質に対する抗体。溶血性連鎖球菌感染症の診断に用いられる。

免疫血清学検査
感染症血清反応

29

免疫

2~3日

03841
3A015

アルブミン (Alb)<ネフェロメトリー法>

肝臓で合成される血中の主たる輸送体蛋白。栄養状態の悪化や肝障害の程度を反映して低下する。

免疫血清学検査
蛋白

包括11

生Ⅰ

2~3日

30337
5C240

オートタキシン (ATX)

肝線維化のマーカー。慢性肝疾患に伴う線維化の進行により内皮細胞に変化を生じるとその血中濃度が上昇する。

免疫血清学検査
蛋白

194

生Ⅰ

2~4日

27000
5G821

抗アクアポリン4抗体 (抗AQP4抗体)

一般にDevic病ともいわれる視神経脊髄炎で血中に認められる自己抗体。

免疫血清学検査
免疫グロブリン

1000

免疫

3~9日

30298
5A100

IgE(特異的) Ara h 2(ピーナッツ由来)

ピーナッツアレルギーのコンポーネント検査

免疫血清学検査
免疫グロブリン

110

免疫

2~3日

09835
5G010

抗核抗体 (ANA)

核内に含まれる抗原物質に対する抗体群を検出する検査。抗核抗体群のいずれかの存在を知るスクリーニングとして用いられる。

免疫血清学検査
自己免疫関連

102

免疫

2~3日

26054
5G121

抗ARS抗体

骨格筋に特異的な自己抗体8種のうち、5種類を網羅的に測定する検査。抗Jo-1抗体を含み、多発性筋炎、皮膚筋炎の25~30%で陽性。

免疫血清学検査
自己免疫関連

包括190

免疫

3~9日

27830
5G519

抗リン脂質抗体(APL)パネル

抗カルジオリピン抗体IgGとIgMおよび抗β2GPI抗体IgGとIgMの4項目を同時に測定するもので、抗リン脂質抗体症候群(APS)の診断に有用。

免疫血清学検査
自己免疫関連

678

免疫

3~5日

27105

aPS/PT抗体 (フォスファチジルセリン依存性抗プロトロンビン抗体)[自己免疫関連]

フォスファチジルセリンに結合したプロトロンビンに対する自己抗体。不育症や血栓症との関連が示唆されている。

免疫血清学検査
自己免疫関連

5~16日

04826
5G385

抗アセチルコリンレセプター結合抗体 (抗AChR抗体)

重症筋無力症に特異的な自己抗体。

免疫血清学検査
自己免疫関連

798

免疫

3~6日

00462
5H010

ABO式血液型

赤血球表面に存在する糖脂質抗原とその抗体から、A型、B型、AB型およびO型に分類する血液型の検査。

免疫血清学検査
血液型検査

24

免疫

2~3日

12524
5A100

真菌/細菌 Asp f 1 (アスペルギルス由来)

アスペルギルス・フミガーツス由来のアレルゲンコンポーネントの一つで、アレルギー性気管支肺アスペルギルス症の診断に有用

免疫血清学検査

110

免疫

2~3日

45838
8C428

RUNX1(AML1)-RUNX1T1(ETO) mRNA定量解析

遺伝子関連検査
白血病関連遺伝子

2100

遺染

4~7日

45846
8C429

RUNX1(AML1)-MECOM(EVI1) mRNA定量解析

遺伝子関連検査
白血病関連遺伝子

2100

遺染

4~7日

45829
8C071

AML FLT3変異解析(FLT3阻害剤) (ギルテリチニブ、リューコストラット)

急性骨髄性白血病(AML)治療薬のギルテリチニブの適否を判断するための検査。AML患者におけるFLT3-ITDおよびTKDD835/I836変異の有無を検出する。

遺伝子関連検査
白血病関連遺伝子

4200

遺染

4~10日

45773
8C063

ArcherMET(CDx)遺伝子変異解析 〈組織〉

テポチニブ(テプミトコ(R)錠)による非小細胞肺癌(NSCLC)治療の適否を判定するための検査

遺伝子関連検査
癌関連遺伝子

包括5000

遺染

9~12日

09747
8C834

SBMA(Kennedy病)AR解析

遺伝子関連検査
トリプレット・リピート病遺伝子解析

3880

遺染

11~17日

02078
8C871

SCA1 ATXN1解析

遺伝子関連検査
トリプレット・リピート病遺伝子解析

8000

遺染

11~17日

02079
8C872

SCA2 ATXN2解析

遺伝子関連検査
トリプレット・リピート病遺伝子解析

8000

遺染

11~17日

02080
8C873

SCA3(MJD) ATXN3解析

遺伝子関連検査
トリプレット・リピート病遺伝子解析

8000

遺染

11~17日

07001
8C835

DRPLA ATN1解析

遺伝子関連検査
トリプレット・リピート病遺伝子解析

8000

遺染

11~17日

03259
8C861

Prader-Willi/Angelman症候群遺伝子解析

遺伝子関連検査
その他遺伝学的検査

5000

遺染

10~14日

05113
8B454

15染色体 Angelman症候群(15q11.2欠失解析)

Angelman症候群に認められる第15番染色体15q11-13領域の微細欠失を、FISH法で同定する検査。

染色体検査
先天異常染色体検査

2553

遺染

8~10日

05174
8B513

RUNX1(AML1) (21q22転座解析)

AMLやMDS、CML、ALL等の血液疾患で認められる各種21q22の転座を、FISH法で同定する検査。

染色体検査
血液疾患染色体検査・その他

2553

遺染

5~7日

01493
8B385

RUNX1(AML1)-RUNX1T1(ETO) [t(8;21)転座解析]

染色体検査
血液疾患染色体検査・その他

2553

遺染

5~7日

09530
8B416

BIRC3(API2)-MALT1 [t(11;18)転座解析]

染色体検査
血液疾患染色体検査・その他

2553

遺染

5~7日

05281
8B323

ALK (2p23転座解析)

染色体検査
血液疾患染色体検査・その他

2553

遺染

5~7日

07930
8B417

ATM (11q22.3欠失解析)

染色体検査
血液疾患染色体検査・その他

2553

遺染

5~7日

45089
8B323

肺がんALK 《FISH法》[血液疾患染色体検査・その他]

染色体検査
血液疾患染色体検査・その他

6520

病理

5~12日

01306
2A180

血液塗抹標本 ALP染色

末梢血の塗抹標本を染色し、NAPスコアを算出する検査。成熟好中球で陽性となりCMLで低値をとる。

血液学検査
形態学的検査

各27加算

血液

2~4日

00556
2B020

活性化部分トロンボプラスチン時間 (APTT)

内因性凝固活性の指標。PTとともに出血性素因の疑われる患者でスクリーニングに用いられる。血友病で延長する。

血液学検査
出血凝固検査

29

血液

2~3日

00572
2B200

アンチトロンビン活性 (AT)

凝固亢進状態を把握する有用な検査。DICで著しく減少。

血液学検査
出血凝固検査

70

血液

2~3日

27268
2B495

ADAMTS13活性

止血因子であるフォンウィルブランド因子を特異的に切断する酵素。活性低下で血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)となる。

血液学検査
出血凝固検査

400

血液

3~5日

27165
2B496

ADAMTS13インヒビター定量

止血因子であるフォンウィルブランド因子を特異的に切断する酵素。活性低下で血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)となる。

血液学検査
出血凝固検査

1000

血液

3~5日

27105

aPS/PT抗体 (フォスファチジルセリン依存性抗プロトロンビン抗体)[出血凝固検査]

フォスファチジルセリンに結合したプロトロンビンに対する自己抗体。不育症や血栓症との関連が示唆されている。

血液学検査
出血凝固検査

5~16日

35015
6B621

AVI-PCR/INT-PCR・菌株 《TaqManPCR法》

微生物学検査
抗酸菌検査

421

微生

2~3日

50085
5D594

ALK融合タンパク 《高感度IHC法》

病理学検査
病理組織検査

2700

病理

5~8日

03001
3D046

HbA1c(NGSP)<ステップワイズHPLC(SW-HPLC)>

糖が非酵素的に結合したヘモグロビン。糖尿病患者における過去1~3カ月の長期血糖コントロールの指標。

その他検査

49

血液

2~3日

45679

AVENIO ctDNA Targeted

研究検査
癌関連遺伝子

45682

AVENIO ctDNA Expanded

研究検査
癌関連遺伝子

45685

AVENIO ctDNA Surveillance

研究検査
癌関連遺伝子

フリーワード検索

検索したい言葉を入れてください。(複数入力の場合は半角スペースで区切ってください)

複数入力の場合の絞り込み:
ページトップへ