検査項目解説 掲載内容は、2022 年 5 月 1 日時点の情報です。

アルファベット検索 > P

項目コード 検査項目 分類 実施料
判断科区分
所要日数

34153
3A020

蛋白分画 (PR-F)

血清中の蛋白質の構成比より、さまざまな病態の把握を行う基本的な検査。数値よりも分画パターンが重要。

生化学検査
蛋白

包括18

生Ⅰ

2~3日

07261
3B339

ペプシノゲン (PG) 《CLIA》

消化性潰瘍や胃癌の危険予知マーカー。胃癌のスクリーニング、慢性萎縮性胃炎の診断や胃液分泌状態の把握に用いられる。

生化学検査
酵素

2~3日

03688
3B175

膵アミラーゼ 〈血清〉

膵膵、唾液腺の逸脱酵素。各種の膵疾患ではP型、唾液腺疾患、腹部疾患ではS型、マクロアミラーゼ血症では分類不能型が上昇。

生化学検査
アイソザイム

48

生Ⅰ

1~2日

00042
3F025

リン脂質 (PL)

血中での脂質の安定化と代謝に重要な役割を果たすリポ蛋白の構成要素。肝・胆道疾患で異常値を示す。

生化学検査
脂質

包括15

生Ⅰ

1~2日

00051
3H040

無機リン (P)

副甲状腺ホルモンおよびビタミンDにより調節される生体内の重要な無機物。血中では大部分がH2PO42-として存在。

生化学検査
電解質・微量金属

包括17

生Ⅰ

1~2日

04008
3K110

鉛 (Pb)

鉛中毒の早期発見や暴露のモニタリングとして行われる検査。

生化学検査
電解質・微量金属

4~5日

04008
3K110

鉛 (Pb)[対象物質]鉛

生化学検査

4~5日

00910
4A020

プロラクチン (PRL)

下垂体前葉から分泌され乳腺に作用する乳汁分泌ホルモン。性腺機能低下症や乳汁漏出無月経症候群の診断に用いられる。

内分泌学検査
下垂体

98

生Ⅱ

2~3日

27559
4C026

副甲状腺ホルモンwhole (whole PTH)

血中カルシウム濃度を上昇させるホルモン。副甲状腺疾患や骨疾患の鑑別に用いられる。

内分泌学検査
副甲状腺

包括165

生Ⅱ

2~3日

01112
4C025

副甲状腺ホルモンintact (PTH-intact)

血中カルシウム濃度を上昇させるホルモン。副甲状腺疾患や骨疾患の鑑別に用いられる。

内分泌学検査
副甲状腺

包括165

生Ⅱ

2~3日

04789
4C034

副甲状腺ホルモン関連蛋白intact (PTHrP-intact)

悪性腫瘍が産生し、高カルシウム血症をもたらす蛋白質。

内分泌学検査
副甲状腺

包括189

生Ⅱ

5~7日

25990
5C120

total P1NP (Ⅰ型プロコラーゲン-N-プロペプチド)

骨組織に大量に存在するI型コラーゲン前駆体の代謝産物。骨形成の早期マーカーとして、骨粗鬆症治療薬の効果判定に用いられる。

内分泌学検査
副甲状腺

包括164

生Ⅱ

2~3日

26580
4Z010

血漿レニン活性 (PRA)

昇圧作用をもつアンジオテンシンⅠを生成する蛋白質。産生されたアンジオテンシンⅠの量からレニンの動態把握を行う検査。

内分泌学検査
腎・副腎皮質

100

生Ⅱ

3~4日

27666
4Z020

レニン濃度 (PRC)

血漿レニン活性と異なりアンジオテンシノーゲンの量に影響されず、レニンの絶対量を特異的に測定可能。

内分泌学検査
腎・副腎皮質

2~3日

01063
4F055

プレグナンジオール (P2)

プロジェステロンの尿中代謝物。黄体期におけるプロジェステロン産生能をあらわし、妊娠中は胎盤機能を反映する。

内分泌学検査
性腺

包括213

生Ⅱ

5~7日

01064
4F060

プレグナントリオール (P3)

17α-OHPの尿中代謝物。先天性副腎皮質過形成にともない高値となる。

内分泌学検査
性腺

包括232

生Ⅱ

5~7日

01061
4F045

プロジェステロン (P4)

卵巣と胎盤から分泌され、黄体機能や妊娠に深く関わる性ホルモン。月経の周期異常、不妊症の診断に有用。

内分泌学検査
性腺

包括147

生Ⅱ

2~3日

01646
5D520

PIVKA-Ⅱ《CLIA》

凝固第Ⅱ因子の不全生成物。肝細胞癌に特異性の高い血中腫瘍マーカーで、AFPと相関が低く、独立した指標になる。

腫瘍関連検査
腫瘍関連検査

包括135

生Ⅱ

2~3日

27468
5D560

抗p53抗体

癌抑制遺伝子p53が変異して生じた、異常蛋白に対する抗体。既存の腫瘍マーカーとは相補的で、食道、大腸、乳癌で早期から上昇。

腫瘍関連検査
腫瘍関連検査

包括163

生Ⅱ

2~3日

07359
5D550

ガストリン放出ペプチド前駆体 (Pro GRP)

肺小細胞癌に特異性の高い血中の腫瘍マーカー。

腫瘍関連検査
腫瘍関連検査

包括175

生Ⅱ

2~3日

05223
5D305

高感度PSA

前立腺癌で著明に増加。前立腺肥大でも上昇するが、10.0ng/mlを越える場合には前立腺癌を強く疑う。

腫瘍関連検査
腫瘍関連検査

包括124

生Ⅱ

2~3日

06966
5D306

PSA-ACT

α1-アンチキモトリプシンと結合している前立腺特異抗原。前立腺肥大症と癌の鑑別や、治療効果のフォローアップに適する。

腫瘍関連検査
腫瘍関連検査

包括124

生Ⅱ

2~5日

06965
5D307

遊離型PSA

前立腺特異抗原(PSA)と同時に測定し、その比をとることで前立腺肥大症と前立腺癌の正診率を向上できる新しい指標。

腫瘍関連検査
腫瘍関連検査

2~3日

26050
5D308

PSA F/T比

総PSAの軽度上昇を示す前立腺癌鑑別のグレイゾーン領域で、肥大症と癌を判別する検査。前立腺癌で低値。

腫瘍関連検査
腫瘍関連検査

包括150

生Ⅱ

2~3日

08007
5C215

プロカルシトニン (PCT)

細菌性敗血症で上昇するポリペプチド。ウイルスや真菌感染、膠原病、腫瘍熱等との鑑別や重症度判定に有用。

免疫血清学検査
感染症血清反応

284

生Ⅰ

2~3日

02921
5C130

プロコラーゲンⅢペプチド (P-Ⅲ-P)

コラーゲンが生成される際、プロコラーゲンから遊離するペプチド。肝炎から肝硬変への進展時に、肝臓の線維化を示す指標。

免疫血清学検査
蛋白

136

生Ⅰ

3~5日

26911
5G551

抗好中球細胞質抗体 (PR3-ANCA,C-ANCA)

Wegener肉芽腫症患者の血中にみられる自己抗体。

免疫血清学検査
自己免疫関連

259

免疫

2~3日

26908
5G552

抗好中球細胞質ミエロペルオキシダーゼ抗体 (MPO-ANCA,P-ANCA)

急速進行性腎炎、巣状壊死性腎炎、半月体形成性腎炎など予後不良な血管炎の診断、経過観察に用いられる自己抗体。

免疫血清学検査
自己免疫関連

258

免疫

2~3日

00226
5G520

抗血小板抗体 (PB-IgG)

別名PB-IgGともいわれる。血小板表面IgGと共に特発性血小板減少性紫斑病(ITP)で陽性。

免疫血清学検査
自己免疫関連

261

免疫

3~5日

03928
5G525

血小板表面IgG (PA-IgG)[自己免疫関連]

血小板減少症を引き起こす抗血小板抗体のうち、血小板表面に結合しているIgGを測定する検査。

免疫血清学検査
自己免疫関連

193

免疫

2~3日

03928
5G525

血小板表面IgG (PA-IgG)[細胞形態検査]

血小板減少症を引き起こす抗血小板抗体のうち、血小板表面に結合しているIgGを測定する検査。

細胞性免疫検査
細胞形態検査

193

免疫

2~3日

45834
8C421

PML-RARA mRNA定量解析

遺伝子関連検査
白血病関連遺伝子

2100

遺染

4~7日

45419
8C041

PDGFRA遺伝子変異解析(GIST)

c-kit遺伝子変異などが腫瘍の発生、増悪の原因とされている消化管間質腫瘍(GIST)の検査。治療抵抗性の遺伝子変異や治療後の2次耐性変異などが存在することから、投薬治療前にこれら遺伝子変異の確認が重要となる。

遺伝子関連検査
癌関連遺伝子

11~17日

45588
8C530

TP53遺伝子変異解析

遺伝子関連検査
癌関連遺伝子

11~17日

02898
8C877

CMT1B型 MPZ(P0)解析

遺伝子関連検査
先天性ニューロパチー遺伝子解析

11~17日

03259
8C861

Prader-Willi/Angelman症候群遺伝子解析

遺伝子関連検査
その他遺伝学的検査

5000

遺染

10~14日

05360
8B430

13染色体 (13トリソミー/Patau症候群)

脳や眼球、耳介などに高度の奇形を呈するパトー症候群の染色体検査。第13番染色体の過剰を検出。

染色体検査
先天異常染色体検査

2553

遺染

5~7日

05112
8B453

15染色体 Prader-Willi症候群(15q11.2欠失解析)

Prader-Willi症候群に認められる第15番染色体15q11-13領域の微細欠失を、FISH法で同定する検査。

染色体検査
先天異常染色体検査

2553

遺染

8~10日

05173
8B455

PML-RARA [t(15;17)転座解析]

急性前骨髄球性白血病(APL)に認められるt(15;17)転座を、FISH法により同定する検査。

染色体検査
血液疾患染色体検査・その他

2553

遺染

5~7日

03858
8B393

CDKN2A(p16) (9p21欠失解析)

癌抑制遺伝子の一つと考えられるp16遺伝子の欠失を、FISH法で同定する検査。

染色体検査
血液疾患染色体検査・その他

2553

遺染

5~7日

45152
8B357

PDGFRB (5q32転座解析)

染色体検査
血液疾患染色体検査・その他

2553

遺染

5~7日

45607
8B345

FIP1L1-PDGFRA融合遺伝子解析

イマチニブ治療の適否を診断する検査。

染色体検査
血液疾患染色体検査・その他

3105

遺染

5~7日

45664
8B393

悪性中皮腫CDKN2A(p16)欠失解析[血液疾患染色体検査・その他]

中皮腫において高頻度で認められるCDKN2A(p16)遺伝子の欠失を検出する。中皮腫の診断補助に用いる。

染色体検査
血液疾患染色体検査・その他

14~21日

00554
2A050

血小板数 (PLT)

止血機構の中心を担う血球成分。自己抗体やDICなどによる消費の亢進、骨髄疾患や肝硬変で減少をみる。

血液学検査
血球計数

21

血液

1~2日

03607
2A200

血液塗抹標本 PAS染色

血液又は骨髄塗抹標本で多糖類や糖蛋白を紅色に染める検査。赤白血病やリンパ系悪性腫瘍で異なる染色パターンを示す。

血液学検査
形態学的検査

各27加算

血液

2~4日

04171
2A200

骨髄液塗抹標本 PAS染色

血液又は骨髄塗抹標本で多糖類や糖蛋白を紅色に染める検査。赤白血病やリンパ系悪性腫瘍で異なる染色パターンを示す。

血液学検査
形態学的検査

各40加算

血液

2~4日

07934
2B030

プロトロンビン時間 (PT)

外因系の凝固活性を総合的に判定するスクリーニング検査。肝不全、凝固因子欠乏症で遅延し、血栓性静脈炎で短縮する。

血液学検査
出血凝固検査

18

血液

2~3日

00573
2B260

プラスミノーゲン活性 (PLG)

線維素を溶解するプラスミンの前駆物質。肝臓で合成され、重症の肝疾患、DIC等で低値を示す。

血液学検査
出血凝固検査

100

血液

2~3日

03642
2B280

α2プラスミンインヒビター・プラスミン複合体 (PIC)

測定の難しい血中プラスミンの動きを直接的に反映する指標。血栓溶解療法のモニタリングやDICの診断に有用。

血液学検査
出血凝固検査

包括154

血液

2~3日

00577
2B550

PIVKA-Ⅱ(凝固)

凝固第Ⅱ因子の不全生成物。ビタミンK欠乏性出血症の診断に有用。

血液学検査
出血凝固検査

2~5日

01348
2B620

血小板第4因子 (PF-4)

血小板活性化の指標。血栓症の推定や、抗血小板剤のモニタリングに有用な蛋白質。

血液学検査
出血凝固検査

包括178

血液

3~9日

6C105

PZA抗酸菌薬剤感受性試験

微生物学検査
抗酸菌検査

400

微生

5~22日

00637
1A035

尿中一般物質定性半定量検査 pH

通常はほぼ中性~弱酸性。代謝性・呼吸性アシドーシスで酸性、アルカローシスや細菌の繁殖でアルカリ性に。

一般臨床検査
尿検査

1~2日

00772
1C025

pH[髄液検査]

動脈血に比べ、ややアルカリ寄り。飢餓状態で低下。

一般臨床検査
髄液検査

2~3日

00802
1Z610

pH[精液検査]

一般臨床検査
精液検査

2~3日

50087
5D597

PD-L1(22C3) 《IHC法》 肺癌

細胞上のPD-L1の発現状態を免疫組織化学染色(IHC)により検査する。

病理学検査
病理組織検査

2700

病理

6~8日

50099
5D597

PD-L1(22C3) 《IHC法》 頭頸部癌

細胞上のPD-L1の発現状態を免疫組織化学染色(IHC)により検査する。

病理学検査
病理組織検査

2700

病理

6~8日

50100
5D597

PD-L1(22C3) 《IHC法》 食道癌

食道扁平上皮癌患者に対して、ペムブロリズマブ(キイトルーダ(R))の治療可否を行うコンパニオン診断薬

病理学検査
病理組織検査

2700

病理

6~8日

50101
5D597

PD-L1(22C3) 《IHC法》 乳癌

ホルモン受容体陰性かつHER2陰性乳癌患者に対して、免疫チェックポイント阻害剤の適応を判定するための補助検査

病理学検査
病理組織検査

2700

病理

6~8日

50089
5D598

PD-L1(28-8) 《IHC法》 肺癌

細胞上のPD-L1の発現状態を免疫組織化学染色(IHC)により検査する。

病理学検査
病理組織検査

2700

病理

6~8日

50091
5D598

PD-L1(28-8) 《IHC法》 頭頸部癌・悪性黒色腫

細胞上のPD-L1の発現状態を免疫組織化学染色(IHC)により検査する。

病理学検査
病理組織検査

2700

病理

6~9日

50102
5D598

PD-L1(28-8) 《IHC法》 胃癌

免疫チェックポイント阻害剤「ニボルマブ」投与を行うための補助検査

病理学検査
病理組織検査

2700

病理

6~8日

50093
5D599

PD-L1(SP142) 《IHC法》 乳癌

ホルモン受容体陰性かつHER2陰性乳癌患者に対して、免疫チェックポイント阻害剤の適応を判定するための補助検査

病理学検査
病理組織検査

2700

病理

6~8日

50095
5D599

PD-L1(SP142) 《IHC法》 肺癌

病理学検査
病理組織検査

2700

病理

6~10日

50097
5D605

PD-L1(SP263)肺癌 《IHC法》

病理学検査
病理組織検査

6~10日

03123
4H015

プロジェステロンレセプター(PgR) 《IHC法》

病理学検査
病理組織検査

690

病理

6~10日

27043

可溶性PD-L1 (sPD-L1)

PD-L1は腫瘍細胞に発現しており、PD-1にPD-L1が結合するとT細胞の活性および免疫機能が抑制される。

研究検査
可溶性膜蛋白・接着分子

フリーワード検索

検索したい言葉を入れてください。(複数入力の場合は半角スペースで区切ってください)

複数入力の場合の絞り込み:
ページトップへ