検査項目解説 掲載内容は、2022 年 5 月 1 日時点の情報です。

50音検索 > あ

項目コード 検査項目 分類 実施料
判断科区分
所要日数

00115
3A015

アルブミン (Alb)<改良BCP法>

肝臓で合成される血中の主たる輸送体蛋白。栄養状態の悪化や肝障害の程度を反映して低下する。

生化学検査
蛋白

包括11

生Ⅰ

1~2日

00022
3A016

A/G

血中のアルブミン(A)とグロブリン総量(G)の比を算出したもの。重症肝疾患やM蛋白血症で低下、無γ-マグロブリン血症で上昇。

生化学検査
蛋白

1~2日

00009
3B035

AST (GOT)

代表的な肝機能の指標。肝細胞障害で血中に逸脱するが、骨格筋、心筋、赤血球などの破壊でも上昇をみる。

生化学検査
酵素

包括17

生Ⅰ

1~2日

00010
3B045

ALT (GPT)

肝細胞の破壊に伴い血中に逸脱する酵素。AST(GOT)よりも肝に特異性が高く、肝炎の病勢指標に用いられる。

生化学検査
酵素

包括17

生Ⅰ

1~2日

20135
3B070

ALP (アルカリフォスファターゼ)

肝障害、胆汁うっ滞や骨疾患、妊娠等で上昇を示す酵素。血液型がB型、O型の人はやや高め。

生化学検査
酵素

包括11

生Ⅰ

1~2日

00019
3B100

アルドラーゼ (ALD)

細胞の破壊や壊死、代謝障害で高値となる解糖系酵素。組織崩壊をリアルタイムで反映する一方、臓器特異性が低いため補助診断に用いられる。

生化学検査
酵素

包括11

生Ⅰ

1~2日

00080
3B160

血清アミラーゼ (AMY/S)

膵臓や唾液腺より分泌される消化酵素。急性膵炎や耳下腺炎で上昇し、高値をみた時はアイソザイムにより由来臓器を推定する。

生化学検査
酵素

包括11

生Ⅰ

1~2日

00081
3B160

尿アミラーゼ (AMY/U)

膵臓や唾液腺より分泌される消化酵素。急性膵炎や耳下腺炎で上昇し、高値をみた時はアイソザイムにより由来臓器を推定する。

生化学検査
酵素

包括11

生Ⅰ

1~2日

00184
3B130

アデノシンデアミナーゼ (ADA) 〈血清〉

核酸の代謝酵素。血中濃度は免疫不全症で低値、血液系悪性腫瘍や肝炎で高値。胸水では癌性胸膜炎や心不全と比べ結核性胸膜炎でより高値に。

生化学検査
酵素

32

生Ⅰ

2~3日

06945
3B080

ALPアイソザイム

ALP総活性が異常高値の場合、由来臓器の推定に用いられる検査。健常成人では2型、小児は3型が主体。

生化学検査
アイソザイム

48

生Ⅰ

2~3日

03688
3B175

膵アミラーゼ 〈血清〉

膵膵、唾液腺の逸脱酵素。各種の膵疾患ではP型、唾液腺疾患、腹部疾患ではS型、マクロアミラーゼ血症では分類不能型が上昇。

生化学検査
アイソザイム

48

生Ⅰ

1~2日

00034
3C040

血中アンモニア (NH3)

劇症肝炎・肝硬変にともなう肝性昏睡の病態把握に必須の検査。

生化学検査
低分子窒素化合物

50

生Ⅰ

2~3日

28000
3C045

アミノ酸分画 〈血漿〉

蛋白代謝の異常を各アミノ酸の定量から推定する検査。

生化学検査
低分子窒素化合物

1141

生Ⅱ

4~5日

28100
3C046

アミノ酸11分画

蛋白代謝の異常を各アミノ酸の定量から推定する検査。

生化学検査
低分子窒素化合物

1141

生Ⅱ

3~4日

00732
3F180

アポ蛋白 (アポリポ蛋白) A-Ⅰ

脂質と結合し、血中運搬を行う蛋白質。先天性脂質代謝異常症や動脈硬化症などの二次脂質代謝異常症の診断に用いられる。

生化学検査
脂質

生Ⅰ

1~2日

00733
3F185

アポ蛋白 (アポリポ蛋白) A-Ⅱ

脂質と結合し、血中運搬を行う蛋白質。先天性脂質代謝異常症や動脈硬化症などの二次脂質代謝異常症の診断に用いられる。

生化学検査
脂質

生Ⅰ

1~2日

00734
3F190

アポ蛋白 (アポリポ蛋白) B

脂質と結合し、血中運搬を行う蛋白質。先天性脂質代謝異常症や動脈硬化症などの二次脂質代謝異常症の診断に用いられる。

生化学検査
脂質

生Ⅰ

1~2日

00735
3F195

アポ蛋白 (アポリポ蛋白) C-Ⅱ

脂質と結合し、血中運搬を行う蛋白質。先天性脂質代謝異常症や動脈硬化症などの二次脂質代謝異常症の診断に用いられる。

生化学検査
脂質

生Ⅰ

1~2日

00736
3F200

アポ蛋白 (アポリポ蛋白) C-Ⅲ

脂質と結合し、血中運搬を行う蛋白質。先天性脂質代謝異常症や動脈硬化症などの二次脂質代謝異常症の診断に用いられる。

生化学検査
脂質

生Ⅰ

1~2日

00737
3F205

アポ蛋白 (アポリポ蛋白) E

脂質と結合し、血中運搬を行う蛋白質。先天性脂質代謝異常症や動脈硬化症などの二次脂質代謝異常症の診断に用いられる。

生化学検査
脂質

生Ⅰ

1~2日

03990
3G060

ビタミンC (アスコルビン酸)

強い還元作用をもつ水溶性ビタミン。欠乏で壊血病となる。

生化学検査
ビタミン

305

生Ⅰ

5~7日

01640
3I030

亜鉛 (Zn) 〈血清〉

代表的な必須微量金属。欠乏すると皮膚炎や味覚障害をきたす。中心静脈栄養・経腸栄養に伴う亜鉛欠乏症の診断に重要。

生化学検査
電解質・微量金属

136

生Ⅰ

2~3日

01638
3K105

アルミニウム (Al)

人工透析患者の透析環境管理や、アルミニウム脳症の予防に実施される検査。

生化学検査
電解質・微量金属

112

生Ⅰ

4~5日

01642
3E060

アセトン 〈血清〉

飢餓・絶食、および糖尿病において、血中・尿中に増加するケトン体。

生化学検査
その他

4~6日

01585
3L185

フェニトイン

ヒダントイン系の代表的な抗てんかん剤。血中濃度測定で歯肉増殖などの副作用を予防。

薬毒物検査
抗てんかん剤

管理料[470]

2~3日

04687

アルプラゾラム

心身症に広く用いられるベンゾジアゼピン系のマイナートランキライザー。

薬毒物検査
催眠剤・抗不安剤

4~6日

26890

ゾピクロン

非ベンゾジアゼピン系構造を持ち、半減期が短い短期作用型の精神・神経系用薬。

薬毒物検査
催眠剤・抗不安剤

4~6日

03233
3L255

アミトリプチリン・ノルトリプチリン

三環系抗うつ剤の一つ。他の抗うつ剤での効果が低い場合にも投与される。活性代謝物のノルトリプチリンを同時測定。

薬毒物検査
精神神経用剤

4~6日

01605
3L890

プロカインアミド

心臓の刺激伝導を抑制する抗不整脈剤。心機能が低下した患者では血中半減期が延長。

薬毒物検査
抗不整脈剤

管理料[470]

2~3日

03722
3L855

アプリンジン

頻脈性不整脈の治療剤。血中濃度測定で過剰投与を予防。

薬毒物検査
抗不整脈剤

管理料[470]

3~4日

05734
3L800

アミオダロン

クラスⅢに分類される強力な抗不整脈剤。血中半減期がきわめて長いため、副作用や併用薬に注意。

薬毒物検査
抗不整脈剤

管理料[470]

3~4日

01612
3M601

アミカシン

ゲンタマイシン耐性緑膿菌等に効く抗生剤。血中濃度測定で腎毒性、聴神経障害を予防。

薬毒物検査
抗生剤・抗ウイルス剤

管理料[470]

2~3日

06523
3M613

アルベカシン

メチシリン・セフェム耐性の黄色ブドウ球菌に有効なアミノグルコシド系抗生物質。腎機能低下者での副作用発現に注意。

薬毒物検査
抗生剤・抗ウイルス剤

管理料[470]

2~3日

00369
3L005

アセトアミノフェン

解熱・鎮痛剤の血中濃度測定。

薬毒物検査
解熱・鎮痛剤

185

生Ⅰ

2~3日

26788

フェンタニル

医療用オピオイド。

薬毒物検査
鎮痛剤

5~11日

02942
3M205

サリチル酸 (アスピリン)

代表的な解熱・鎮痛剤の血中濃度測定。

薬毒物検査
抗炎症・抗リウマチ剤

管理料[470]

2~3日

26204
3M817

6-チオグアニンヌクレオチド (6-TGN)

抗悪性腫瘍剤6-メルカプトプリンや免疫抑制剤アザチオプリンの代謝産物。副作用回避を目的に血中濃度が測定される。

薬毒物検査
抗悪性腫瘍剤

6~8日

25787
3M815

エベロリムス

心・腎臓などの臓器移植に用いられる免疫抑制剤。抗癌剤として用いられる場合もある

薬毒物検査
免疫抑制剤

管理料[470]

2~3日

05244
3L975

アヘン系麻薬検査

麻薬及び向精神薬取締法で規制されているアヘンアルカロイド系麻薬(コデイン、モルヒネ、6-アセチルモルヒネ)を検出する検査

薬毒物検査
規制薬・農薬

3~4日

12630
4D115

アルドステロン 〈血漿〉

内分泌学検査
腎・副腎皮質

包括125

生Ⅱ

2~3日

27665
4D115

アルドステロン 〈血漿〉

代表的な鉱質コルチコイド。レニン-アンジオテンシン系により調節されているため、レニンの同時測定が病態把握に有用。

内分泌学検査
腎・副腎皮質

2~3日

12632
4D120

アルドステロン/レニン活性比

内分泌学検査
腎・副腎皮質

3~4日

12633
4D122

アルドステロン/レニン濃度比

内分泌学検査
腎・副腎皮質

2~3日

27669
4D120

アルドステロン/レニン活性比

内分泌学検査
腎・副腎皮質

3~4日

27670
4D122

アルドステロン/レニン濃度比

内分泌学検査
腎・副腎皮質

2~3日

01006
3B325

アンジオテンシンⅠ転換酵素 (ACE)

アンジオテンシンⅠをⅡに変換する酵素。サルコイドーシスで高値になる。

内分泌学検査
腎・副腎皮質

140

生Ⅰ

1~2日

00265
5F150

アデノ 《CF》

結膜炎、下痢症等を引き起こすウイルス。40以上の型が存在し、多彩な臨床病型を示す。

ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出

79

免疫

3~5日

01170
5F151

アデノ 1型《NT》

結膜炎、下痢症等を引き起こすウイルス。40以上の型が存在し、多彩な臨床病型を示す。

ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出

79

免疫

9~14日

01171
5F152

アデノ 2型《NT》

結膜炎、下痢症等を引き起こすウイルス。40以上の型が存在し、多彩な臨床病型を示す。

ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出

79

免疫

9~14日

00302
5F153

アデノ 3型《NT》

結膜炎、下痢症等を引き起こすウイルス。40以上の型が存在し、多彩な臨床病型を示す。

ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出

79

免疫

9~14日

02784
5F154

アデノ 4型《NT》

結膜炎、下痢症等を引き起こすウイルス。40以上の型が存在し、多彩な臨床病型を示す。

ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出

79

免疫

9~14日

01172
5F155

アデノ 5型《NT》

結膜炎、下痢症等を引き起こすウイルス。40以上の型が存在し、多彩な臨床病型を示す。

ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出

79

免疫

9~14日

02785
5F156

アデノ 6型《NT》

結膜炎、下痢症等を引き起こすウイルス。40以上の型が存在し、多彩な臨床病型を示す。

ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出

79

免疫

9~14日

00303
5F157

アデノ 7型《NT》

結膜炎、下痢症等を引き起こすウイルス。40以上の型が存在し、多彩な臨床病型を示す。

ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出

79

免疫

9~14日

00304
5F158

アデノ 8型《NT》

結膜炎、下痢症等を引き起こすウイルス。40以上の型が存在し、多彩な臨床病型を示す。

ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出

79

免疫

9~14日

00305
5F161

アデノ 11型《NT》

結膜炎、下痢症等を引き起こすウイルス。40以上の型が存在し、多彩な臨床病型を示す。

ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出

79

免疫

9~14日

02786
5F169

アデノ 19型《NT》

結膜炎、下痢症等を引き起こすウイルス。40以上の型が存在し、多彩な臨床病型を示す。

ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出

79

免疫

9~14日

02151
5F177

アデノ 37型《NT》

結膜炎、下痢症等を引き起こすウイルス。40以上の型が存在し、多彩な臨床病型を示す。

ウイルス学検査
ウイルス抗体の検出

79

免疫

9~15日

06626
5F150

アデノウイルス DNA同定

ウイルス学検査
ウイルス核酸の検出

3~6日

06638
5F150

アデノウイルス 遺伝子系統解析

ウイルス学検査
ウイルス核酸の検出

5~7日

02954
5E148

アスペルギルス抗原

自然界に広く分布する真菌アスペルギルス属に対する診断に有用。

免疫血清学検査
感染症血清反応

157

免疫

2~4日

01830
5E146

アスペルギルス抗体

自然界に広く分布する真菌アスペルギルス属に対する診断に有用。

免疫血清学検査
感染症血清反応

3~5日

03841
3A015

アルブミン (Alb)<ネフェロメトリー法>

肝臓で合成される血中の主たる輸送体蛋白。栄養状態の悪化や肝障害の程度を反映して低下する。

免疫血清学検査
蛋白

包括11

生Ⅰ

2~3日

04107
3A015

尿中アルブミン

試験紙法で検出されない微量の尿中アルブミンを定量。腎糸球体障害、とりわけ糖尿病性腎症の早期発見に有用。

免疫血清学検査
蛋白

99

尿便

2~3日

01354
5C025

α1アシドグリコプロテイン (α1AG)

急性相反応物質に属する糖蛋白。半減期、急性期変動率が異なるCRP等と同時測定し、炎症性疾患等の病態把握に用いる。

免疫血清学検査
蛋白

2~5日

00240
5C020

α1アンチトリプシン (α1AT)

代表的な急性相反応物質の一つ。欠損症で若年性肺気腫を引き起こす蛋白質。

免疫血清学検査
蛋白

80

血液

2~5日

12627
5C080

アミロイドA (SAA)

比較的新しい炎症マーカー。CRPがあまり変動しないウイルス感染、SLE、腎移植後の拒絶反応でも上昇。

免疫血清学検査
蛋白

47

免疫

2~3日

25955
5C205

アミロイドβ(1-40) 〈血漿〉

アルツハイマー病患者の脳に蓄積する疎水性ペプチド。タウ蛋白とともに、診断補助に活用される。

免疫血清学検査
蛋白

25956
5C206

アミロイドβ(1-42) 〈血漿〉

アルツハイマー病患者の脳に蓄積する疎水性ペプチド。タウ蛋白とともに、診断補助に活用される。

免疫血清学検査
蛋白

27000
5G821

抗アクアポリン4抗体 (抗AQP4抗体)

一般にDevic病ともいわれる視神経脊髄炎で血中に認められる自己抗体。

免疫血清学検査
免疫グロブリン

1000

免疫

3~9日

01970
5A100

IgEファディアトープ (特異的吸入性アレルゲン)

吸入抗原12種類への感作を一括スクリーニングする検査。アレルゲンの特定はできない。

免疫血清学検査
免疫グロブリン

194

免疫

2~3日

30010
5A100

IgE-CAP16 (特異的アレルゲン16種) 食物アレルギー

免疫血清学検査
免疫グロブリン

1430

免疫

2~3日

04826
5G385

抗アセチルコリンレセプター結合抗体 (抗AChR抗体)

重症筋無力症に特異的な自己抗体。

免疫血清学検査
自己免疫関連

798

免疫

3~6日

READsystem(R)ver.5悪性リンパ腫総合解析

悪性リンパ腫の診断システムである。

細胞性免疫検査
細胞形態検査

45773
8C063

ArcherMET(CDx)遺伝子変異解析 〈組織〉

テポチニブ(テプミトコ(R)錠)による非小細胞肺癌(NSCLC)治療の適否を判定するための検査

遺伝子関連検査
癌関連遺伝子

包括5000

遺染

9~12日

02468
8C808

アミノグリコシド誘発性難聴 1555塩基点突然変異解析

遺伝子関連検査
ミトコンドリア遺伝子解析

8000

遺染

10~14日

12520
8B200

マイクロアレイ染色体検査 《CGH法》

小児の発達遅滞、知的障害、先天異常症に関する生殖細胞系列遺伝学的検査をマイクロアレイCGH法により行う

染色体検査
先天異常染色体検査

8000

遺染

7~16日

45664
8B393

悪性中皮腫CDKN2A(p16)欠失解析[血液疾患染色体検査・その他]

中皮腫において高頻度で認められるCDKN2A(p16)遺伝子の欠失を検出する。中皮腫の診断補助に用いる。

染色体検査
血液疾患染色体検査・その他

14~21日

00572
2B200

アンチトロンビン活性 (AT)

凝固亢進状態を把握する有用な検査。DICで著しく減少。

血液学検査
出血凝固検査

70

血液

2~3日

00574
2B270

アンチプラスミン活性 (α2PI)(α2プラスミンインヒビター)

線溶系活性度の指標。プラスミンと血中で特異的に結合し、線溶系を抑制する蛋白。

血液学検査
出血凝固検査

包括128

血液

2~3日

アスペルギルス

微生物学検査
特殊目的菌検査

4~6日

アクチノミセス (放線菌)

微生物学検査
特殊目的菌検査

9~14日

00707
1B080

糞便アメーバ検査[糞便検査]

熱帯に多く分布する原虫で、これを検出する検査。経口または性交渉でヒトに感染し、下痢・粘血便をきたす。

一般臨床検査
糞便検査

64

微生

2~3日

05049
3F206

アポ蛋白E表現型 (アポリポ蛋白E表現型)

リポ蛋白の構成成分。高脂血症で表現型E2を、アルツハイマー病では表現型E4を発現しているケースが多い。

研究検査
脂質

05719
4Z401

アディポネクチン

脂肪細胞から分泌されるタンパク質。内臓脂肪量と負の相関を示し、メタボリックシンドロームの危険因子を減ずる可能性がある。

研究検査
その他

2~5日

フリーワード検索

検索したい言葉を入れてください。(複数入力の場合は半角スペースで区切ってください)

複数入力の場合の絞り込み:
ページトップへ